ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

マクラーレン、2018年には大きなプレッシャーに直面

2018年01月19日(金)16:44 pm

ストフェル・バンドーンが、マクラーレンは2018年シーズンにいいパフォーマンスを発揮しなくてはならないという「大きなプレッシャー」を抱えていると認めた。

■プレッシャーよりやる気の方が大きい?

数日前、レーシングディレクターとしてマクラーレンを率いるエリック・ブーリエは2018年シーズンに向けて「これまで以上にプレッシャーを感じたりはしていない」と主張し、次のように付け加えていた。

「それどころか、チームはレッドブルとルノーという二つの強力なライバルを持つことになるという事実によってさらにやる気を増しているよ」

2015年からホンダと組んだマクラーレンだったが、3年間にわたって本来期待していたようなパフォーマンスを発揮することができず、ついに2017年限りでホンダとの契約を解消。2018年にはルノーからPU(パワーユニット)供給を受けることになっている。

マクラーレンでは、自分たちがパフォーマンスを発揮できないのはホンダPUの力不足・信頼性不足のためであり、自分たちが製造するシャシーは最高レベルにあると主張している。

■進歩するためにはプレッシャーも必要

だが、過去3年間はマクラーレンが唯一のホンダPUユーザーであったため、単純にライバルチームとの比較はできない状況だった。しかし、今年からはいやおうなく同じルノーPUを搭載するレッドブルやルノーのワークスチームと比較されることになる。

ルノーPUに載せ換えてもレッドブルに匹敵するようなパフォーマンスを示すことができなければ、マクラーレンのシャシーも大したことがないという評価となってしまう。さらには、もしもホンダPUを搭載するトロロッソに負けるようなことがあれば、それこそ立つ瀬がないという状況に追い込まれることは必至だ。

「2018年にはチームのプレッシャーは大きくなるよ。なぜならライバルとの比較がされるようになるからね」

母国ベルギーのテレビ局『RTBF』にそう語ったバンドーンは次のように付け加えた。

「レッドブルは昨シーズンに何度か優勝しているし、ルノーもいい仕事をしていた。だからプレッシャーはあるさ。だけどそれはいいことだし、僕たちが進歩していくためにはそれが必要なんだ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック