ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フェルスタッペン「リカルドは最高のチームメート」

2018年01月08日(月)15:27 pm

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、今後もダニエル・リカルドがチームメートであり続けることを望んでいるようだ。

20歳のフェルスタッペンは昨年レッドブルとの契約を2020年まで延長したことが明らかとなった。

一方、2018年で現在の契約が満期を迎えることになるリカルドは、まだレッドブルとの契約を更新するには至っていない。これはリカルドが2019年にメルセデスAMGあるいはフェラーリへ移籍するチャンスを狙っているためだと考えられている。

■長くリカルドと組みたいとフェルスタッペン

だが、フェルスタッペンは2019年以降もチームメートは変わらないほうがいいとドイツの『Speedweek(スピードウィーク)』に次のように語った。

「僕たちはお互いに相手をすごく尊重しているんだ。そして、正直な話、僕のここまでのレースキャリアにおいてこれほど尊敬できるチームメートはいなかったよ」

「コース上ではお互いに最大限の戦いをするにせよ、ダニエルはすごくいい人物だし、サーキットの横では本当に楽しくやっているよ」

「だから、僕たちがこれからもずっとチームメートでいられることを僕は望んでいるよ」

■タイトル争いがからんでも関係は変わらないはず

今のところはリカルドといい関係を保つことができているフェルスタッペンだが、もしこの2人によるF1タイトル争いが行われるようなことになった場合でもそれが変わることはないのだろうか?

そのことについて質問を受けたフェルスタッペンは次のように答えた。

「僕はそう思うよ。だってお互いに尊敬しているからね。確かに、タイトル争いをすることになれば関係はより緊張したものになるだろうね。だけど最終的にはお互いをリスペクトするところに帰結すると思う」

「誰かが自分より速いときはそれを受け入れる必要がある。そして僕たちはそれができると思うんだ」

「もし僕たちのうちのひとりがいいレースをしたら、もうひとりは彼はそれにふさわしいと言うんだ。僕はそれがすごく大切なことだと思うよ」とフェルスタッペンは付け加えている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック