ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アルファロメオ・ザウバー、最下位脱却を目指して技術スタッフを20名増員

2017年12月15日(金)18:45 pm

2018年から新たにアルファロメオをタイトルスポンサーに迎えるザウバーが、最下位からの脱却を目指して精力的にチーム力改善に取り組み始めているようだ。

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』が伝えたところによれば、ザウバーでは2018年2月下旬に予定されている公式シーズン前テストが開始されるころまでに新たに20名の技術スタッフを増員する計画だという。

「すでに11月1日から最初の者たちが仕事を開始している」

今年7月にモニシャ・カルテンボーンの後任として新チーム代表に就任したフレデリック・バスールはそう語ると、次のように付け加えた。

「ほかの者たちは段階的に始めることになる。いずれにしても、彼らが加わったことによる成果が出てくるのは2018年シーズンの後半からだろうね」

バスールはチーム代表就任後にカルテンボーンが結んでいたホンダとのPU(パワーユニット)供給契約を白紙に戻し、逆にフェラーリとの関係強化に動いている。

アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えたのも、フィアット・クライスラーのCEOであり、フェラーリ会長を兼務するセルジオ・マルキオンネの意向をくんだものであることは確かだ。

そしてメルセデス所属のパスカル・ウェーレインをはずし、2018年にはフェラーリのジュニアドライバーであるシャルル・ルクレールを起用することが確定している。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック