ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【レース速報】最後にドラマ・・・ハミルトン優勝でメルセデス年間王者、アロンソ「エンジン問題」/F1アメリカGP

2017年10月23日(月)6:07 am

F1アメリカGP決勝レース、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝した。今シーズン11勝目、通算62勝目を挙げ、メルセデスはコンストラクター・チャンピオンに輝いた。

●【決勝レースタイム結果】2017年F1第17戦アメリカGPのタイム差、周回数、ピット回数

スタート直後に1位に出たセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だったが、2位でフィニッシュ。チャンピオンシップ争いでは66ポイント差に開いたが、チャンピオン争いの可能性を残した。

マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドーンが12位、フェルナンド・アロンソは「エンジンに問題」としてリタイアしたが原因を調査中だ。

■最終ラップにドラマ

最終ラップ、4番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が加速が鈍った3番手キミ・ライコネン(フェラーリ)をイン側からオーバーテイクし、3位でフィニッシュした。しかしレース後、フェルスタッペンは「コース外に出て利益を得た」として5秒ペナルティを科され、4位となった。

トロロッソからルノーに移籍したばかりのカルロス・サインツ(ルノー)は7位でフィニッシュし、才能を見せつけた。

夢のF1デビューを果たしたブレンドン・ハートレイ(トロロッソ)は、13位で完走している。

●【レース結果】最終ラップ、3位のフェルスタッペンに5秒ペナルティ・・・F1アメリカGP決勝レース
●【レース速報】フェルナンド・アロンソ、リタイア「エンジンに問題だ」
●【レース速報】ダニエル・リカルド「エンジン壊れちゃったよ」リタイアへ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック