ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フェラーリがベッテルのシャシーを交換、チーム代表更迭の報道も

2017年10月21日(土)17:23 pm

フェラーリはF1アメリカGP(22日決勝)で、初日にトラブルが出たセバスチャン・ベッテルのシャシーを交換することを選んだ。

ベッテルは度重なるマシントラブルで、ライバルのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)に59ポイントの差を付けられており、残り4戦での勝利を必要としている。

しかし、アメリカGPの初日フリー走行2回目に、ベッテルはスピンを喫し、セッション終盤にはフロントサスペンションの異常を訴えていた。

チームは予防的措置として、シャシーを交換することを発表している。

■「クルマは速い」とベッテル

「今日は少し複雑な状況だった」とベッテルは話している。

「僕たちは心配していない」

「クルマは速い。たしかにメルセデスAMGも速いけれど、言ったように僕たちは心配していないよ。彼らより少し周回数が少なかっただけだ」

「この状況を受け入れて、土曜日にクルマが確実に速くなるようにしよう」

■チーム代表更迭も?

相次いだマシントラブルを受けて、フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは「組織の変更」もあり得ると話していた。

ドイツの『Bild(ビルト)』紙は、チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネの立場が危うくなっていると伝える。

また、ドイツのテレビ局『Sky(スカイ)』も、アリバベーネがチーム代表の職を失うだろうと伝え、後任候補に技術部門責任者のマッティア・ビノットの名前を挙げている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック