ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC】トヨタのラトバラ「再出走は幸運だったが2ポイントが精一杯。チームには良い1戦だった」

2017年07月31日(月)8:07 am

7月30日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・フィンランドの競技最終日デイ4が、フィンランドのユバスキュラを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC #12号車)がWRC初優勝を遂げた。

●【WRC:結果】トヨタ第3の男ラッピがWRC初優勝!/第9戦ラリー・フィンランド

また、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC #11号車)は総合3位でフィニッシュし、初の表彰台を獲得。

前日メカニカルトラブルでデイリタイアとなったヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)は、ラリー2規定により再出走し総合21位で完走を果たした。

■21位:ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)

「昨日起きたトラブルを解決し、幸いにも再出走することができました。最初の3本のSSではベストタイムを記録するなど調子が良く、最終SSのパワーステージもうまく走れましたが、私の後の選手が走った時と比べると道が滑りやすかったため、2ポイントを獲得するのが精一杯でした。

私にとってはもっと良い結果を得られたはずのラリーですが、エサペッカが初優勝し、ユホが初めて表彰台に上がるなど、チームにとっては素晴らしい1戦になりました。彼らは本当に良くやったと思います」。

●【WRC】豊田章男チーム総代表「おめでとう!ありがとう!全ては3年前、この地から始まりました」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック