ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC・動画】トヨタのラトバラ、初日5位/第5戦ラリー・アルゼンティーナ

2017年04月28日(金)21:35 pm

4月27日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンティーナが開幕。競技初日デイ1としてスーパーSS1本がアルゼンチンのコルドバ市街地の特設コースで行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合5位につけた。一方、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)は、総合10位で初日のショートステージを走り終えた。

■ラリー・アルゼンティーナ

今季2回目のグラベルイベントとなるラリー・アルゼンティーナは、27日(木)の午前中に、サービスパークが置かれるレイクサイドタウン、ビジャ・カルロス・パス近郊でのシェイクダウンで始まった 。全長約6kmのグラベル(未舗装路)コースはかなり荒れていたが、ラトバラはセッティングをいくつか試し、4回目の走行で全体のトップタイムをマーク。ハンニネンは10番手タイムを記録し、ラリー本番に向けてヤリスWRCの最終調整を行なった。

そして、夜7時過ぎから始まったコルドバ市街地でのスーパーSSでは、グラベルとターマック(舗装路)が混ざる全長1.75kmのコースで、ラトバラが5番手タイムを、ハンニネンが10番手タイムを記録。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのクルーは堅実なラリースタートを切った。

■ラリー・アルゼンティーナ デイ1の結果
1 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (フォード フィエスタ WRC) 1m53.8s
2 エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット (フォード フィエスタ WRC) +0.9s
3 ダニ・ソルド/マルク・マルティ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +0.9s
4 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1.6s
5 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +2.1s
6 マッズ・オストベルグ/オーラ・フローネ (フォード フィエスタ WRC) +2.4s
7 ヘイデン・パッドン/ジョン・ケナード(ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +2.5s
8 クリス・ミーク/ポール・ネーグル (シトロエン C3 WRC) +2.7s
9 オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (フォード フィエスタ WRC) +3.1s
10 ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム (トヨタ ヤリス WRC) +3.8s

■ラトバラ組、WRC最長ペア

前戦ラリー・フランス(ツール・ド・コルス) は、ヤリ-マティ・ラトバラとミーカ・アンティラのペアにとって170回目のWRCスタートとなった。彼らはセバスチャン・ローブとダニエル・エレナが持っていた169回というWRC最多ペア出走記録に並んでいたが、ついに単独トップに立ち「もっとも息が長いペア」となった。

ちなみに、アンティラにとって今回のアルゼンチンは185回目のWRCスタートであり、WRCの歴史において2番目に多く出走したコ・ドライバーとなる。このまま順調に出走を続けていけば、今シーズンの後半にはドゥニ・ジロウデが持っている188回という記録を抜き、歴代トップに立つ予定である。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック