バーニー、マクラーレンを批判

クビアト「今年は1年で10シーズン分を一度に経験したような気分」

2016年11月02日(水)16:51 pm

ダニール・クビアト(トロロッソ)が、今年はこれまでのキャリアにおいて最も厳しいシーズンだったものの、終盤に向けてさらに自分が強くなったと感じていると語った。

■波乱のシーズンを送ったクビアト

2014年にトロロッソでF1デビューを飾ったクビアトは、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ移籍に伴い、2年目にはレッドブルに昇格。その2015年シーズンにはチームメートのダニエル・リカルドを上回るポイントを獲得するなど、順調にF1キャリアを築き上げていた。

ところが、レッドブルは今シーズンの第4戦ロシアGP後にマックス・フェルスタッペンをトロロッソから昇格させ、代わりにクビアトを再びトロロッソに降格するという異例のドライバー人事を断行。トロロッソに戻ったクビアトはその後しばらく不振が続き、2017年にはもはやチームに残留することはできないだろうとも言われていた。

だが、シーズン後半に入るとクビアトも復調の兆しを見せ、レッドブルも2017年にはクビアトをもう1年トロロッソで走らせることを決定している。

■これまでよりも強くなった

そのクビアトは、スペインのテレビ局『Movistar(モビスター)』に、波乱に満ちた2016年シーズンについて次のように語った。

「まるで10シーズン分を1年で経験したようなシーズンだったよ。ものすごく長く感じた」

「だけど、僕はより強くなったし、生き残った」

クビアトは、2017年もトロロッソに残留できることが決まったことにより、かなり肩の荷が下りたのは事実だと次のように付け加えた。

「2017年の残留が決まったことでかなり落ち着けた。これからは本当に重要なことに集中していくよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック