ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【SF動画:岡山】来季F1デビューのバンドーンが5戦目で初優勝

2016年09月12日(月)12:01 pm

2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 岡山国際サーキット Race1の予選・決勝が、岡山国際サーキットレーシングコース(1周:3.703km)にて開催された。今大会は、10日(土)、11日(日)の各日において予選、決勝を行なう2レース制のレースフォーマットで行なわれた。

■Race1予選:中嶋がPP、バンドーン3位
 
土曜日のRace1予選は、20分間の全車走行によって争い、中嶋 一貴(バンテリン チーム トムス)が今季初のポールポジションを獲得した。2位には国本 雄資(プロミュー/セルモ インギング)、3位にはストフェル・バンドーン(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)が続いた。

■Race1決勝:バンドーン後続を引き離し初優勝

Race1決勝は30周、トータル111.09kmで行なわれた。

ポールポジションの中嶋 一貴は、スタート時にグリッドを間違えるミスにより最後尾スタートとなってしまう。ポールポジションが空いたところに3番グリッドのストフェル・バンドーンが絶好のスタートを決めてトップに立つと、後続を大きく引き離し、スーパーフォーミュラデビュー5戦目にして日本での初優勝を飾った。2位には国本 雄資、3位にはナレイン・カーティケヤン(スノコ チーム ルマン)が続いた。

■Race1動画

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック