ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ハース「まずまずの初日だった」/カナダGP1日目

2016年06月11日(土)8:42 am

ハースのロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスが、ジル・ビルヌーブ・サーキットで行われたF1カナダGP1日目を終え、次のようにコメントした。

●【タイム結果】F1カナダGP フリー走行P2、タイム差、周回数

■ロマン・グロージャン「もう少しタイヤの性能を引き出したい」
フリー1/13番手
フリー2/15番手
「いい1日だったよ。かなり走行距離を伸ばせたし、クルマの感触もまずまずだった。全体的に、クルマのバランスにはすごく満足できているよ」

「今日は最後にロングランをやったけど、やりたかったことはそれですべて終えることができたからよかったよ。明日はタイヤのパフォーマンスをもう少し高められるといいんだけどね」

■エステバン・グティエレス「天候の変化に備えておかないと」
フリー1/16番手
フリー2/18番手
「今日のプログラムは完了できた。それが僕たちにとっては一番重要なことだったんだ。それによっていいデータが得られたからね。みんなは明日のためにすべての微調整を行おうと懸命に取り組んでいる。燃料が少ないときにウルトラソフトタイヤをはくと、クルマはそれほどよくなかった。だけど、燃料をたくさん積んだほうがクルマの感触がよかったよ」

「これから予選でのペースを上げるために取り組むことになるし、明日は順調な1日にしたいと思う。天候が少しばかり不順になりそうだ。だからそれにうまく対応できるようにしないとね。だけど、僕らはそれを楽しみにしているよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック