ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「いい結果を示すことでファンへ恩返ししたい」/F1オーストラリアGPプレビュー

2016年03月15日(火)16:52 pm

ホンダF1プロジェクト責任者の長谷川祐介が、アルバート・パーク・サーキットで行われるF1開幕戦オーストラリアGP(20日決勝)に向けて意気込みを語った。

■長谷川祐介「自分たちの進歩を示したい」
「開幕戦が行われるアルバート・パーク市街地コースはドライバーやクルマ、そしてパワーユニットにとっては骨の折れるサーキットです。ですから、難しいレースになることは間違いありません。サーキットは平たんで狭く、滑りやすくて高速です。このため週末全体がどういうふうに推移するかは読み切れません」

「とは言うものの、我々としてもパッケージがコース上でどういう能力を示すかを楽しみにしています。冬の短い期間の中で、我々は2015年に発生した問題解決のために懸命に取り組んできました。そして2週にわたって行われたバルセロナでのテストでは2016年に向けたパワーユニットの基本セットアップを行うことができました。次のステップは、サーキットでテストを行い、我々の進歩を示すことです。それによって今年に向けた開発の方向性が定まり始めると思います」

「昨年、チームは熱狂的なファンから温かい歓迎を受けました。そしてホンダ・オーストラリアの仲間たちからも素晴らしい応援をもらいました。グランプリ週末の間、コース上での自分たちの取り組みを通じて我々の感謝の気持ちを表すことができるよう期待しています」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック