【ル・マン24h】トヨタ、原因を発表

ルノー、マルドナードのシート喪失のうわさを否定せず

2016年01月14日(木)12:02 pm

ルノーのワークスチームへと姿を変えたエンストンにファクトリーを置く旧ロータスが、パストール・マルドナードが2016年シーズン開幕を前にシートを失うのではないかとのうわさを完全否定しようとはしなかった。

イギリスの『Telegraph(テレグラフ)』は、ベネズエラの政情不安により、これまでマルドナードを支援してきた国営石油会社PDVSAからの資金調達が難しくなりそうだとの見方がある中、昨年までマクラーレンに在籍していたケビン・マグヌッセンがルノーとの交渉を行っているようだと報じていた。

そして、『BBC』が13日(水)に報じたところによれば、現在汚職スキャンダル渦中にあるPDVSAだが、同社からチームに対して支払われるべきスポンサー料の入金が遅れているという。

これに関し、ルノーの広報担当は、「現時点では憶測に過ぎない」とした上で、次のように付け加えている。

「我々にはパストールとの契約がある。それが現在の状況だ。オーストラリア(開幕戦/3月20日決勝)までに何が起こるかなど誰にも分からないが、現時点では、我々はパストールとジョリオン(パーマー)でいくつもりだよ」

前後の記事
おすすめ記事
TopNews.JPをフォロー
前後の記事
TopNewsの最新情報をフォロー