ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【フォーミュラE第3戦予選】ダンブロシオが初ポール獲得 ブエミは痛恨のミスで3戦連続ポールを逃す

2015年12月20日(日)1:10 am

フル電動フォーミュラカーによる世界選手権「フォーミュラEシリーズ」セカンドシーズン第3戦が19日(土)に開幕。現地時間12時(日本時間20日0時)からウルグアイのプンタ・デル・エステ市街地コース(1周2.785km)で予選が行われ、ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)がフォーミュラEでの初ポールポジションを獲得した。

本来10チームから20台がエントリーすることになっているフォーミュラEだが、今季開幕から2戦連続で欠場していたトゥルーリが選手権からの撤退を発表。これにより、今回のレースも9チーム18台で争われることになった。

リゾート都市プンタ・デル・エステの海岸線に沿う公道を利用して設けられたコースで行われた予選は、まず18台が4グループに分かれ、それぞれ6分間にわたってタイムアタックを行った。

第1グループは、ジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)、ネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)、オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)、ナタナエル・ベルトン(チームアグリ)の4台が出走。

ターベイが昨年の年間チャンピオンであるピケJr.をおさえて暫定トップに立った。昨年この大会でポールを獲得したベルニュはピットアウトを遅らせて最後の1アタックにかけたが、コーナー不通過のミスを犯し4番手に終わった。

第2グループには、ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)、ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)、ロビン・フラインス(アンドレッティ)、サム・バード(DSヴァージン)、第2戦プトラジャヤで優勝を飾ったルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー・アウディ)の5台が登場。

プロストがボラードに接触しフロントウイングを破損するトラブルを起こす中、ディ・グラッシが順当に暫定トップに立つ。ダンブロシオ、バード、プロストまでがターベイのタイムを上回った。

第3グループには、ダニエル・アプト(ABTシェフラー・アウディ)、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チームアグリ)、ステファン・サラザン(ベンチュリ)、ロイック・デュバル(ドラゴン)、そして第2戦プトラジャヤで左手首に負傷を負ったニック・ハイドフェルドに代わってマヒンドラからオリバー・ローランドの5台が登場。ローランドはイギリス出身の23歳。2014-2015年のフォーミュラ・ルノー3.5シリーズで8勝を達成した若手ドライバーだ。

このグループでトップタイムを刻んだデュバルが暫定3番手に顔を出す。チームアグリのダ・コスタはわずかな差でトップ5入りを逃した。

最終第4グループは、ブルーノ・セナ(マヒンドラ)、唯一の女性ドライバーであるシモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)、開幕戦の覇者セバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)、1997年のF1チャンピオンであるジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)の4台で争われた。

ここで開幕戦、第2戦と連続してポールポジションを獲得しているブエミが全体トップとなるタイムを刻む。一方、44歳のビルヌーブはターンを曲がり切れずにクラッシュでセッションを終えた。

この結果、トップ5のタイムを記録したドライバーたちによってポールポジションが争われるスーパーポールセッションには、ブエミ、ディ・グラッシ、ダンブロシオ、デュバル、バードの5人が進出。

タイムが下位の者から順に1周ずつのタイムアタックで争われたスーパーポールセッションでは、暫定2番手だったディ・グラッシがウォールの接触するミスを犯すというハプニングが発生。すると暫定トップだったブエミもブレーキングで痛恨のミスを犯してしまう。この結果、ダンブロシオにフォーミュラE初ポールが転がり込んだ。2番手にはデュバルが続き、決勝はドラゴンレーシングの2台が最前列から並んでスタートすることになった。

元F1ドライバー鈴木亜久里率いる日本のチームアグリは、ダ・コスタが8番手、ベルトンが14番手で予選セッションを終えている。

■第3戦プトラジャヤePrix予選結果<暫定順位>
1 ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)
2 ロイック・デュバル(ドラゴン)
3 サム・バード(DSヴァージン)
4 ルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー・アウディ)
5 セバスチャン・ブエミ(ルノーeダムス)
6 ニコラ・プロスト(ルノーeダムス)
7 ダニエル・アプト(ABTシェフラー・アウディ)
8 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チームアグリ)
9 ブルーノ・セナ(マヒンドラ)
10 オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)
11 ロビン・フラインス(アンドレッティ)
12 ネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)
13 ステファン・サラザン(ベンチュリ)
14 ナタナエル・ベルトン(チームアグリ)
15 シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)
16 オリバー・ローランド(マヒンドラ)
17 ジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)
18 ジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)

フォーミュラE第3戦プトラジャヤePrix決勝はこのあと日本時間4時から行われる。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック