ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【フォーミュラE速報】ブエミが初代王座に王手 ポールはサラザン/第11戦予選

2015年06月28日(日)21:26 pm

フォーミュラEファーストシーズン最終戦となる第11戦予選がロンドンで28日(土)の12時(日本時間20時)に行われ、ステファン・サラザン(ベンチュリ)がポールポジションを獲得した。

【フォーミュラEポイントランキング】(第10戦終了時)

いよいよ最終戦を迎えたフル電動フォーミュラカーによるレースシリーズだが、初代チャンピオン争いは3人に絞られた。昨日の第10戦を終えた時点でのランキングトップは138ポイントのネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)。それを5ポイント差でセバスチャン・ブエミ(eダムス・ルノー)、13ポイント差でルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)が追いかける。

今回のレースの舞台となるのは、ロンドンの中心部にあるバタシーパーク内に設けられた17のコーナーを持つ全長2.925kmの特設サーキット。コース幅は狭く、ほとんど抜きどころのないコースだ。それだけに、予選順位が非常に重要な意味を持ってくる。

なお、昨日はターン1付近の路面の凹凸が大き過ぎることが指摘されたことにより、その個所に仮設バリアを設けて車速を落とさせるようにしていた。だが、レース後に再舗装が施されたことで、今日は本来のレイアウトに戻されている。

4グループに分けて行われた予選だが、第1グループのセッションが開始されてから軽く雨が落ち始める。フォーミュラEでは全天候型の溝ありタイヤが使用されており、F1などで使われる雨用タイヤは用意されていない。第1グループではサラザンがトップタイムを刻み、ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)がそれに続いた。

第2グループには、昨日の第10戦でポール・トゥ・ウィンを飾ったランキング2位のブエミが登場。だが、ブエミは思ったようにタイムが伸びず、このグループの3番手に終わり、全体では10台が走行を終えた時点で6番手となる。このグループではロイック・デュバル(ドラゴン)がトップタイムを刻むも、全体では3番手にとどまった。

降り続く小雨によりこの段階では路面状態がかなり悪化。あとから走るドライバーにはかなり不利な状況となる。

第3グループでは、ランキングトップのピケJr.らとともに鈴木亜久里率いるアムリン・アグリから参戦した山本左近も登場。だが、山本は走行開始直後にクラッシュ。セッションは赤旗中断となる。残り6分30秒ほどでセッションが再開されるが、この時点で路面はかなりぬれてきており、タイヤから水煙が上がる個所も出始めた。当然タイムは伸びず、このグループでトップに立ったジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ)は前の2グループのタイムに遠く及ばなかった。ピケJr.はこのグループで2番手に終わっている。

ランキング3番手のディ・グラッシが登場した第4グループのセッションが開始されたころには雨がほぼやみ、コンディションが改善に向かい始める。第2グループまでのタイムを上回ることはできないものの、第3グループよりはタイムが伸びてくる。このグループ最速タイムを刻んだディ・グラッシ、F1マクラーレンのテストドライバーであるオリバー・ターベイ、インディカーでの活躍で知られる女性ドライバーのシモーナ・デ・シルベストロらがベルニュのタイムを上回った。

結局、サラザンが自身初のポールポジションを獲得。2番手にダンブロシオ、3番手にデュバルが入った。期待の山本左近はノータイムに終わっている。

ランキング3番手のディ・グラッシが11番手、ランキングトップのピケJr.が16番手となったことで、決勝を6番手からスタートするブエミが5ポイント差をひっくり返しての初代チャンピオンへ王手をかけた状態だと言えるだろう。

■フォーミュラE第11戦予選結果<暫定>
1 ステファン・サラザン(ベンチュリ)
2 ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン)
3 ロイック・デュバル(ドラゴン)
4 サム・バード(ヴァージン)
5 ブルーノ・セナ(マヒンドラ)
6 セバスチャン・ブエミ(eダムス・ルノー)
7 ニック・ハイドフェルド(ベンチュリ)
8 サルバドール・デュラン(アムリン・アグリ)
9 アレックス・フォンタナ(トゥルーリ)
10 ヤルノ・トゥルーリ(トゥルーリ)
11 ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)
12 オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)
13 シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)
14 ジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ)
15 ニコラ・プロスト(eダムス・ルノー)
16 ネルソン・ピケJr(ネクストEV TCR)
17 ファビオ・ライマー(ヴァージン)
18 ダニエル・アプト(アウディ・スポーツ・アプト)
19 カルン・チャンドック(マヒンドラ)
20 山本左近(アムリン・アグリ)

フォーミュラE初シーズン最終戦となる第11戦ロンドン大会決勝は、このあと24時にスタートする。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック