ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

バーニー・エクレストン「2015年の韓国GP開催はないだろう」

2014年12月12日(金)20:15 pm

F1最高責任者のバーニー・エクレストンが、2015年にF1韓国GPが実際に復活することはないだろうと認めた。

3日(水)にカタールのドーハで開催されたFIA(国際自動車連盟)の世界モータースポーツ評議会において、2015年には韓国GPが復活し、全21レースとするF1カレンダーが承認されていた。

F1関係者たちの間では、突然韓国GPが来季のカレンダーに加えられたのは、全チームから全員一致での賛同を得ることが難しいと考えられているドライバーあたりの使用エンジン基数を来季も今年と同じ5基にとどめるための巧妙な策略ではないかとの推測がささやかれている。

11日(木)に、ロンドンで記者たちとの会合に臨んだエクレストンは、そうした推測が事実だと認めることはなかったものの、おそらく韓国GPの開催実現は難しいだろうということについては同意している。

「彼ら(韓国)とは契約があるんだ」とF1ビジネス記者として知られる『Forbes(フォーブス)』のクリスチャン・シルトに語ったエクレストンだったが、現実的に韓国GP開催が可能なのかとの質問を受けると、「彼ら(韓国)もそれを望んではいないだろう」と答えた。

そうであれば、韓国GPをカレンダーに加えたということは、2つの目的を持つことになるかもしれない。エンジンルールの変更への引き金とすることと、もうひとつは、契約違反をたてに主催者側にいくばくかの金を支払わせることだ。

これに関し、エクレストンは次のように答えている。

「契約上我々に認められている以上のものを支払わせるつもりはないよ」

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック