ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペトロフ、マルシャとは交渉なし

2013年01月23日(水)14:29 pm

2014年まで契約を結んでいたティモ・グロックを放出したマルシャ。ロシアのスーパーカーメーカーであるマルシャがチームオーナーであり、ロシア国籍のチームだが、ロシア人ドライバーのビタリー・ペトロフとは交渉していないという。

マルシャは先日、2014年まで契約を結んでいたティモ・グロックの放出を発表。チーム側は、経済的な問題が理由だとほぼ認めた。グロックの後任候補については、F1直下のカテゴリーGP2のブラジル人ドライバー、ルイス・ラジアや、元ウィリアムズのブルーノ・セナの名前が挙がっている。

昨年ケーターハムのドライバーだったペトロフも当然候補になりそうだが、ペトロフのマネジャーであるオクサナ・コサチェンコは、ケーターハムとしか交渉していないと話した。

ロシアの『f1news.ru』にペトロフの将来について聞かれたコサチェンコは、「ケーターハムの責任者の決断によります」と答えている。「マルシャとは交渉していません」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック