ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペトロフがケーターハムに残留決定との報道

2012年12月29日(土)12:23 pm

フィンランドの『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』紙が、ロシアの情報筋による話として、ロシア出身のビタリー・ペトロフが来季もケーターハムのシートに収まることになりそうだと伝えている。

今週に入ってから、ペトロフの女性マネジャーであるオクサナ・コサチェンコは「私たちの方ではすべてのことをやり終えました。あとはケーターハムが決めるだけです」と語っていた。

2012年にペトロフのチームメートはフィンランド人ドライバーのヘイキ・コバライネンだったが、ケーターハムではすでにフランス人ドライバーのシャルル・ピック(現マルシャ)の起用を発表している。

これまで来シーズンのピックのチームメート候補としては、ケーターハムのリザーブドライバーであったオランダ人ドライバーのギド・ヴァン・デル・ガルデや、今シーズン限りでウィリアムズのシートを失うことになったブラジル人ドライバーのブルーノ・セナ、そしてやはりブラジルの新人ドライバーであるルイス・ラジアなどの名前があげられてきていた。

『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』は、「ビタリーがブラジルで、(ケーターハムの)チーム別ランキングを10位に押し上げる走りをしてくれたことが、残留に向けて有利になると信じています」とのコサチェンコのコメントも紹介している。

さらに、ペトロフのスポンサーであるロシア・ヘリコプター社が最近ケーターハムの本部を訪問したことや、F1最高権威のバーニー・エクレストンが2014年にソチで初開催が予定されているF1ロシアGPでは地元出身のドライバーが出走することを願っていることなど、ペトロフに対していい条件がそろってきているようだ。

2014年に予定されているロシアGPの主催者が今週語ったところによれば、現在サーキットの建設が本格的に進められているという。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック