ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アルグエルスアリ、「秘密の書」でシート獲得か

2012年11月02日(金)12:24 pm

2013年シーズンにF1復帰を目指すハイメ・アルグエルスアリは、自身が持つ「小さなノート」がシート獲得に役立つことを望んでいる。

2011年シーズン終了後にトロ・ロッソを放出されたアルグエルスアリが、来シーズンのF1にある空席を狙っている、とスペインの『El Confidencial(コンフィデンシャル)』が伝えた。

現状、空席となっているレースシートにふさわしいドライバーは数多くいるが、アルグエルスアリはF1のタイヤサプライヤーであるピレリでテストドライバーを務めた経験がレースドライバー復帰に一役買うと考えている。

実際に、ピレリのテストで今年すでに数千キロを走ったアルグエルスアリは、ダラーラのシミュレーターで2013年シーズン用タイヤでの走行も経験しているといわれている。

自身が持つピレリタイヤの知識についてアルグエルスアリは、「これはとても大事なことだ。タイヤの構造、コンパウンド、特徴が変わるのなら、経験があったほうがいいに決まっているよ」と話している。

ピレリのテストドライバーであるアルグエルスアリと違い、ライバルたちは2012年シーズン最終戦ブラジルGPのフリー走行1回目まで2013年シーズン用タイヤの感触を確かめるチャンスがない。

「僕は今年、11戦に出走したに等しい距離を走ってきた。数百セットのタイヤをテストしたんだ。温度域やバランス、劣化の度合いによるタイヤの挙動の違いへの理解度に自信を持つには十分だと思わないかい」

「実は、僕の自宅には来年に関する秘密の書ってやつがあるんだよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック