ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ウィリアムズ残留を望むセナ

2012年10月18日(木)10:36 am

ブルーノ・セナは、2013年も偉大な叔父アイルトン・セナが生前最後に所属したウィリアムズのF1チームに残ることを希望している。

ウィリアムズの2013年ドライバーラインアップについては、PDVSAという大きなスポンサーをもつパストール・マルドナードが残留し、バルデリ・ボッタス(ウィリアムズ/リザーブドライバー)がレースドライバーに昇格するとの意見がパドックでは有力だ。

ボッタスは今シーズンの多くのグランプリでセナに代わって金曜フリー走行の作業を担当しており、その成果をチームは高く評価している。

ボッタスは『Sky(スカイ)』に「自分の速さはしっかり見せてきたから、ほんとうに、すごく2013年のレースシートが欲しい」と話している。

ウィリアムズのドライバー発表はシーズン終了前後になると見られ、ボッタスはあと1カ月我慢強く待ち続けなければならい。

23歳のボッタスにシートを奪われるかもしれない29歳のセナは厳しいシーズンを送っているかに思える。しかし、当のセナ本人は来年もシートを得るのに十分な働きをしたと自負しており、ブラジルの『Totalrace(トータルレース)』に次のようなに話している。

「チームは僕の働きに満足しているし、最近はチーム全体が難しいレースを強いられていると分かってくれている」

「集中して今まで通りに問題なく仕事をする、それが僕のやるべきことだ。そしてシーズン終了時に良い結果を残すことだね。そうすれば、そのときどうなるかわかるはずさ」

そう話したセナは、チームが自身の走りを公平な目で見て決定を下すと考えている。

「僕に責任のない出来事があったことを、チームはよく分かっている」

「たとえばシンガポールでは僕がミスをした。それは認めるよ。でも、僕たち全体にも問題があったんだ」

「それに、たとえばあまりうまくいかないレース週末があったとする。僕はフリー走行1回目を走っていなくて、クルマは問題を抱えている。そうしたら、僕がほかのクルマやドライバーより出遅れるのは普通じゃないかな」

「そして、僕はその代償をしっかり払ってるんだ」とセナは締めくくった。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック