ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ビタリー・ペトロフの実力はトゥルーリに匹敵するとチーム代表

2012年03月16日(金)6:20 am

ケーターハムのチーム代表を務めるトニー・フェルナンデスは、シーズン開幕の約1ヶ月前にヤルノ・トゥルーリのシートを奪う形で同チームに加入したビタリー・ペトロフについて、グランプリ勝利経験のあったトゥルーリに匹敵するドライバーだと話している。

2012年シーズン開幕を前に、ケーターハムはモナコGP勝利経験のあるトゥルーリに代えて、母国ロシアから強力な支援を受けるペトロフをドライバーに採用した。

「ペトロフはトゥルーリに匹敵するドライバーだ。その上、ロシア国内での広告効果も望める」

「(ペトロフの採用によって)ロシア国内でのビジネスのチャンスを広げることができる。われわれはペトロフについて検討を重ねた。彼はチームにスポンサーを持ち込める。セカンドドライバーとしての仕事も十分やっていける」とフェルナンデスがアメリカの『CNN』に語っている。

マレーシアの航空会社エアアジアの経営者であり、イギリスのサッカー、プレミアリーグのクイーンズ・パーク・レンジャーズのオーナーでもあるフェルナンデスは、ケーターハムが2012年シーズンに狙うのは、チーム間で獲得ポイントを争うコンストラクターズ選手権で10位に入ることだと話した。

「中団グループに入りたいんだ。それには2年かかると言ったが、10位になってレースをしたい」

「現状を見れば、そこまであと一歩あるかないかだ。中団グループまであと0.5秒あるいは1秒ではないだろうか」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック