ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ハース】ペナルティのグロージャン「意図的にブロックしてないんだ。ただカートのようにバトルしていたら・・・」

2018年09月17日(月)7:03 am

ロマン・グロージャン(ハース)が、F1シンガポールGP決勝レースを次のように振り返った。

●【正式:決勝レース結果】2018年F1第15戦シンガポールGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■ロマン・グロージャン(ハース)
決勝レース:15位(5秒加算ペナルティで13位から降格)

「ハイパーソフトタイヤでスタートした予選7番手から10番手までの全員にとって、イライラしたレースだったと思う。レースではそれほど酷いタイヤだったよ。10周したら完全にダメになった。ウルトラソフト組はよく分からないけど40周くらい保ったの?だから予選トップ10組は全然ダメだった」

「僕らは少しよく振り返ってみる必要があるね。僕は予選も決勝も全ラップ全力でプッシュしたんだ。できる限りベストを尽くしたけど、結局トップ10に入るチャンスはなかった」

「(ブルーフラッグを無視した件について)誰もブロックしたつもりはなかったけど申し訳なかった。意図してやったことではないんだ。ベストを尽くしていたし、セルゲイ(・シロトキン/ウィリアムズ)とゴーカートレースのように戦っていたんだ。本当にスローダウンする余裕なんてなかった。ピエール(・ガスリー/トロロッソ・ホンダ)はすぐ後ろにいたし、セルゲイは僕のすぐ前にいたんだ。彼をパスした後、すぐにルイス(・ハミルトン/メルセデス)にパスさせたんだけどね」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック