ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「ポテンシャルを最大限引き出せていない。タイヤを保たせるのが強み」

2018年09月16日(日)5:17 am

ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が、F1シンガポールGP予選を次のように振り返った。

●【画像:予選結果】2018年F1第15戦シンガポールGP予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

■ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
フリー走行3回目 1:40.686 14番手 16周
予選(Q1) 1:39.614、(Q2) 1:39.691 15番手

「昨日からなかなか期待していたような結果にはならず、初日から思いどおりにいかない難しいレースウイークを過ごしている。

今日は幾分改善されたけど、Q3では他チームと戦えるほど何かできたわけではなかった。マシンのバランスとグリップに苦戦し改善するためにいくつかのことを試したけど思ったようにはいかず、マシンのポテンシャルを最大限に引き出すことができなかった。

明日は簡単なレースにならないと予想しているけど、ハイパーソフトタイヤを磨耗させずうまくマネージできることは強みだから、明日もそこに重点をおいて、少しでもポジションをあげたいと思う」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック