ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ルノーF1】リカルドが勝てるようになるのは2020年

2018年08月14日(火)16:44 pm

ルノーF1チームを率いるシリル・アビテブール(マネジングディレクター)が、2019年にチームに加わるダニエル・リカルド(現レッドブル)が1年目に優勝を飾るのは無理だろうと語った。

レッドブル残留が濃厚だと考えられていたリカルドがルノーと来季から2年間の契約を結んだというニュースはF1界に衝撃をもって迎えられた。

■リカルド加入はルノーにとって大きなボーナス

アビテブールは、リカルドが加入を決断したのは自分たちに将来性があることを示すものだとドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に次のように語った。

「彼が我々と契約したのは、我々がトップチームに追いつくためのプロセスを加速させようという意志を抱いていることを証明するものだ」

「そして、我々が過去2年半にわたって成し遂げてきた仕事が認められたということでもある」

「ダニエルの才能とカリスマ性は我々にとっては大きなボーナスだ。我々も彼に望みうる最高のクルマを提供することでその信頼に応えなくてはならない」

■目標は2021年のタイトル挑戦

だが、アビテブールはリカルドが勝利を手にすることができ始めるのは2020年以降のことだろうと考えている。

「リカルドとともに、2021年にタイトルを狙うのが我々の大きな目標だ。だが、2020年に彼がレースで勝利し始めることができるよう期待している」

「しかし、ニコ(ヒュルケンベルグ)も同じだが、私は29歳から30歳くらいのドライバーたちは単に走るだけで満足なのではなく、何かほかのものを切望していることも理解している」

フランスの『Auto Hebdo(オト・エブド)』にそう語ったアビテブールは次のように付け加えた。

「全員がそうではないだろう。だが、私はこの2人(リカルドとヒュルケンベルグ)はそうだと信じているよ」

アビテブールはさらに、リカルドがルノー移籍を決めた理由のひとつには、来季からレッドブルが搭載することになるホンダPUへの疑念があったのだとも語っている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック