ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

レッドブル・ホンダ誕生が確定との報道

2018年06月19日(火)16:19 pm

フランスの『L’Equipe(レキップ)』が、レッドブルが2019年にルノーからホンダにスイッチすることを決めたと報じている。

長年にわたってレッドブルのエンジンパートナーを務めてきたルノーはレッドブルに対し来季どのメーカーのPU(パワーユニット)を使用するのか早期に決断するよう迫っている。

そんな中、レッドブル側はジュニアチームのトロロッソに搭載されているホンダPUと自分たちが使っているルノーPUの比較を次戦F1フランスGPまで行った上で決定したいとし、来季のエンジンパートナーの決定はその次に行われるホームレースのオーストリアGPまでに行うことになるだろうとしていた。

だが、『L’Equipe(レキップ)』は、レッドブルではすでに来季からホンダと組むことを決定しており、一両日中にも正式発表が行われるだろうと報じている。

この報道が正しければ、ホンダは2019年にはレッドブルとそのジュニアチームのトロロッソの2チームにPU供給を行うことになる。そしてルノーPUを搭載するのもルノー自身のワークスチームとマクラーレンの2チームということになる。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック