ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ル・マン24時間】優勝したトヨタ中嶋一貴「言葉にならないほど嬉しい。多くの人の努力の結晶で誇りに思う」

2018年06月18日(月)12:12 pm

FIA世界耐久選手権(WEC)2018-19スーパーシーズン第2戦 第86回ル・マン24時間レースは6月17日(日)午後3時ゴールを迎え、トヨタに悲願のル・マン初勝利が訪れた。

●【動画:ル・マン24時間】トヨタ、悲願の初優勝達成の瞬間!

TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ)が優勝。2位にもTS050 HYBRID 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)が入り、TOYOTA GAZOO Racingは最前列スタートから一度もトップ2を譲らない完璧なレース運びで、ル・マン24時間レース完全制覇を果たした。

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ)
最終結果:1位、388周

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス)
最終結果:2位、386周(トップと2周差)

■中嶋一貴(8号車)

「ついに長い間待ち望んでいた優勝を手にすることが出来、言葉にならないほど嬉しいです。

最高のチームメートと共に戦ったTS050 HYBRIDは、全くトラブルもなく素晴らしい性能を発揮してくれました。

トヨタ自動車が1985年の参戦以来、待ち望んでいた“ル・マン”優勝を勝ち取ることが出来たのは、これまで携わった多くの方々の努力の結晶であり、とても誇りに思います」。

●【動画:ル・マン24時間】トヨタ初優勝!予選ポールから優勝までの動画まとめページ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック