ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【レッドブル】次期エンジン決定スケジュールは変更せず

2018年06月15日(金)16:44 pm

レッドブルが最終的に2019年に組むエンジンサプライヤーを決定するのは来週末に行われる今季のF1第8戦フランスGP(24日決勝)の結果を見てからとなるようだ。

レッドブルでは自分たちのホームレースである第9戦オーストリアGP(7月1日決勝)で何らかの発表を行うとしているが、それは2019年以降に搭載するPU(パワーユニット)についてであることがほぼ間違いない。

レッドブルでは2007年から12年にわたってエンジンパートナーを務めてきたルノーと、今季ジュニアチームのトロロッソが搭載しているホンダとの比較を行っており、その結果次第では来季レッドブル・ホンダが誕生する可能性もある。

■オーストリアまでは待てないとルノー

だが、来季以降もレッドブルへのPU供給を継続したいという思惑があるルノーは、レッドブルに対して早期に決断するよう求めてきていた。

だが、レッドブルがオーストリアGPまで決定を保留にするという姿勢を見せたことから、ルノーF1プロジェクトを率いるシリル・アビテブール(マネジングディレクター)はそれでは遅すぎるとして次のように語った。

「オーストリアでは、もう我々のオファーは期限切れとなる。だから彼らはホンダと交渉せざるを得なくなる」

■決定はあくまでもフランスGP後だとレッドブル

だが、レッドブルはこのルノーからの最後通告とも思えるプレッシャーに屈して決定を早めるつもりはないようだ。

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ルノーとホンダのいずれかに決めるためにはもう1レース様子を見る必要があると次のように語っている。

「我々はカナダ、そしてフランスで詳しく分析することになる。その後、選択を行うよ」

■どちらにしても数日の違いしかないとマルコ

さらに、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルノーがなぜそれほどにまで決断を急がせようとするのか理解できないと主張している。

「フランスだろうがオーストリアだろうが、ほんの数日の違いしかない。何がそれほど重要で突然そんなことを言うのか私には分からないよ」

そう語ったマルコは次のように付け加えた。

「我々はフランスGPとオーストリアでのレースの間に自分たちの決定を発表することにしている」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック