ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ル・マン24時間】トヨタ中嶋一貴「暫定ポール獲得。しかしまだ始まったばかり」

2018年06月14日(木)12:10 pm

13日(水)、FIA世界耐久選手権(WEC)第2戦ル・マン24時間レースの公式練習と予選1回目が行われ、TOYOTA GAZOO Racingは暫定ポールポジションにつけた。

■13日の結果

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習 : 1番手 (3分18秒718), 54周
公式予選1回目 : 2番手 (3分17秒377), 33周

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
公式練習 : 2番手 (3分19秒275), 55周
公式予選1回目 : 1番手 (3分17秒270), 31周

■中嶋一貴(8号車)

「今日はいつも通りの一日になりました。最初の予選で暫定ポールが取れたのは良かったですが、まだまだ長い週末は始まったばかりです。

予選走行でも多くの車両で混雑していたため完璧とは言えませんでしたが、それでも良いラップタイムが刻めたので良かったです。でもレースに向けてはまだまだやるべき事がたくさんあります。しっかり準備をしたいと思います」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック