ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「0.1秒短縮できても12位が精一杯。レースは楽観的だ」

2018年06月10日(日)8:32 am

F1第7戦カナダGP予選を終えて、トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが次のように振り返った。

●【画像:予選結果】2018年F1第7戦カナダGP予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

■ブレンドン・ハートレー
予選12番手 1:12.635

「正しい位置にクルマを持っていくため週末を通してチームは方法を知れたし、今日の仕事には本当に満足だ。今週末は多かれ少なかれ12位だったと思うけど、最後のラップではおそらく0.1秒縮められたけど、グリッドをさらに上げてQ3に入るのは今日はかなり難しい感じだった。

ここでトラックでドライビングを本当に楽しんだよ。色々な性格のコーナー、バンプ、縁石、近い壁がある。モナコでの週末にも強さを感じていたけど、Q1はちょっと混乱してQ2進出を逃したから、モントリオールで良い結果を得られたのは良かった。

明日はかなり楽観的だよ!予選でのアップグレードのパフォーマンスは良かったし、最近苦労していたけどレースのほうが大きく前進すると思う。うまくいけばバトルして、トップ10入りすることができるだろうね。今のところすべてが本当にポジティブだったし、ここでは過去に多くのことがレースで起こったから、集中してベストを尽くし、何ポイントかを持ち帰れるようベストを尽くすよ」。

●【予選レポート】ベッテルが逆転ポール!ホンダはQ3進出ならず/F1カナダGP
●【ハイライト動画】ベッテル、驚速のポールポジション/F1第7戦カナダGP予選
●【白煙を上げた画像:予選Q1速報】グロージャン、ピットレーンで豪快な白煙/F1第7戦カナダGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック