ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「実験成功。僕らは間違いなく中団グループの中にいる」

2018年06月09日(土)8:12 am

F1第7戦カナダGP初日フリー走行を終え、トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが次のように振り返った。

●【画像:FP2結果】2018年F1第7戦カナダGPフリー走行2回目のタイム差、周回数

■ブレンドン・ハートレー(STR13-03、カーナンバー28)
【フリー走行1回目】ベストラップ 1:15.756、16番手、38周
【フリー走行2回目】ベストラップ 1:13.889、12番手、42周

「僕にとってのモントリオール初日は良い経験になった。すごく難しいサーキットで、特に最初のセッションはコース上が非常に汚れていた。いくつかのチャレンジがあったけど、ここでの最初の走行は楽しんだよ。シケインを2、3回真っ直ぐに行ってしまったけれど、壁に当たらなかったのは良かったね!

FP1では僕のクルマにはいくつかの問題があったけれど、大きな問題ではなく、FP2ではすべてが解決された。また僕たちは空力面でいくつか実験的な走行を行っていて、それが2回目のセッションで良いクルマを得るためのポジティブなステップになったんだ。

ここではトラクションがすごく重要だから、それを助けるためにいくつかの微調整をしたんだ。すべてのコーナーの出口はすごく重要で、いくつかは長い組み合わせの出口がある。まだもう少しのタイムを稼ぐ必要があると思うけれど、僕らは間違いなく中団グループの戦いの中にいるよ」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック