ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

メルセデス、リカルドへ移籍の扉を開く

2018年05月13日(日)7:36 am

メルセデスのボスであるトト・ヴォルフが、ダニエル・リカルド(レッドブル)移籍への扉を開いた。

以前のトト・ヴォルフは、2019年のメルセデス・ドライバー候補としてリカルドを突き放しているような発言をしていた。

「もしあなたが妻に満足しているなら、他の女性は見ないはずだ」

ヴォルフは、もしルイス・ハミルトンまたはバルテリ・ボッタスを替える場合、若手のエステバン・オコンまたはジョージ・ラッセルが最初の候補になることを示唆していた。

しかしトト・ヴォルフは『Auto Bild(アウト・ビルト)』にこう語った。

「正しく翻訳されていなかったね」

「私は、我々のドライバー全員がまず第一で忠誠だと言ったんだ。彼らとはルイス、バルテリとメルセデス・ヤングドライバーだ。彼らは最初の候補だ」

「だけど、もし他の人たちを見るなら、ダニエルは間違いなくその中に入るよ」

現在レッドブルと契約下にあるリカルドは、今シーズン終了時に契約が終了する。

しかしヴォルフは、メルセデスはハミルトンとボッタスの2人に満足していることを示した。

「バルテリはバクーで勝利に値したし、ラスト2戦は勝つことだってできた」

「現時点では、彼とルイスのバランスは非常に良いよ」

「バルテリはとても良いカードを手に入れているよ」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック