ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【新パーツ】マクラーレン、斬新で複雑なフロントノーズを投入

2018年05月11日(金)18:25 pm

苦戦しているマクラーレンは、F1第5戦スペインGPが行われるバルセロナで斬新な新型ノーズを発表した。

●【日程表】F1第5戦スペインGPの開催スケジュール

マクラーレンはホンダからルノーへスイッチしたにもかかわらず、残念なシーズンスタートとなっている。

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ルノー)は木曜日に「確かに僕たちは期待していたポジションにいないね」と認めた。

マクラーレンは2018年にトップクラスの仲間入りとなることを目指していたが、アロンソによると実際には「1.8秒から2秒遅れ」だという。

36歳のアロンソは、2018年はF1とル・マン(WEC)に参戦しているが、今年いっぱいで完全にF1を引退することを示唆している。

「最大の問題は、すべて予測可能ということだ。すべての方向性は、F1にとって悲しいものだ」

また、マクラーレンは今週末、ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ルノー)の「Bマシン」で改善できることを期待している。

「僕の個人的なクルマのフィーリングは100%良いものじゃないんだ」とバンドーンは『RTBF』テレビに語った。

「自分とクルマからすべてを引き出すのは難しい。これらの新しいパーツが正しい方向に向かうことを願っているよ」。

●【新パーツ画像】フェラーリ、ハローに吊り下げたウイング付きミラーを投入

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック