ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

リバティ・メディア、バーレーンで新F1運営ルール最新案を提示

2018年03月28日(水)17:42 pm

F1オーナーのリバティ・メディアが来週末バーレーンにおいて2021年以降に導入を計画している新ルール案の詳細をF1チームたちに提示することになるようだ。

■リバティ・メディア案に強く反対するフェラーリとメルセデス

リバティ・メディアはすでに2017年10月に2021年以降に導入を計画する新たなF1エンジン案を提示したが、現在のPU(パワーユニット)から熱エネルギー回生システムであるMGU-Hをはずすなど技術的には一歩後退となる規格を提示したことにより、これに反対するフェラーリはもしそのルールが導入されるようであればF1から撤退すると表明。メルセデスもこれに追随する動きを示している。

さらに、フェラーリやメルセデスは、リバティ・メディアが導入の方向で進めている年間予算に一定の上限を設けるという計画にも反対の立場をとっている。

フランスの『Le Figaro(フィガロ)』を含むいくつかのメディアが報じたところによれば、リバティ・メディアは今季のF1第2戦バーレーンGP(4月8日決勝)が開催されるサヒールにおいて、2021年以降のF1ルールに関する最新版草案を提示する予定にしているという。

リバティ・メディアがフェラーリやメルセデスなどに歩みよる案を提示してF1撤退騒動が収まりを見せるのか、あるいはあくまでも自分たちのビジョンをもとにした革新的ルール案を提示し、フェラーリやメルセデスとの溝がより一層深まることになるのか、大いに注目を集めることになりそうだ。

■リバティ・メディアに強硬路線を求めるレッドブル

一方、F1トップチームの中でリバティ・メディアが提示した案に賛同しているのはレッドブルだけだと考えられている。

「我々にはコスト削減が必要だ」

チーム予算に上限値を設けることには賛成だと意思表示したレッドブル首脳のヘルムート・マルコは次のように続けた。

「しかしながら、そうなったとしてもあまり意味はないよ」

「金を稼ぐことができているチームなどない。このビジネスモデルは健全なものとは言えないんだ」

さらに、レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、リバティ・メディアはフェラーリやメルセデスからの圧力に屈することなくあくまでも強硬路線で行くべきだと次のように主張した。

「リバティは自分たちの見解を貫き通し、断固たる決定をすべきだ。決してすべてのチームの賛同を得ることなどできないのは明らかだからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック