ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ハミルトンの引退も近い?「シューマッハの記録を抜けるほどF1を続けないかも」

2017年11月24日(金)5:15 am

メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが、F1を続けるのはあと数年だろうと示唆した。

最近脱税疑惑でメディアをにぎわせているハミルトンだが、そうしたことを別にすれば今年はすごくいいシーズンだったと考えているようだ。

「うん、後半はすごく力を発揮できたし、現時点ではあれ以上のことはできないだろね。でも、僕は年齢と経験を積み重ねることで今後も成長を続けていくよ」

ベルギーの通信社『Sporza(スポルザ)』にそう語ったハミルトンは、次のように付け加えた。

「しばらくはレギュレーションも変わらないし、来年も今シーズン後半に見せたようなパフォーマンスを発揮できるよう頑張るよ」

■次の目標は通算勝利記録更新?

今季ここまでに9勝をあげたハミルトンは、通算勝利記録を62勝に伸ばしている。これはミハエル・シューマッハの91勝に次ぐ歴代2位の記録だ。

今季11回のポールポジションを獲得したハミルトンは、通算ポールポジション記録を72に伸ばし、こちらはすでにシューマッハの68回を抜いて歴代1位の記録保持者となっている。

ハミルトンにとって次なる目標はシューマッハが持つ通算勝利記録を破ることになりそうだ。そのためにはハミルトンはあと30勝することが必要だ。

■それほど長くF1を続けるとは思わない

だが、ハミルトンは「それは目標ではないよ」と語り、次のように続けた。

「それは僕があとどれほど長くレースを続けるかにかかってくることだし、現時点ではその記録を破ることができるまで長くレースをしているとは思えないんだ」

「これまで、僕がよかった年には年間10勝をあげてきた。つまり、少なくともあと3年は戦闘力のあるクルマで続けないとならないってことだよ」

ちなみに、ハミルトンのここまでの年間勝利数は次のようになっている。

2007年(マクラーレン) 4勝
2008年(マクラーレン) 5勝(ドライバーズタイトル獲得)
2009年(マクラーレン) 2勝
2010年(マクラーレン) 3勝
2011年(マクラーレン) 3勝
2012年(マクラーレン) 4勝
2013年(メルセデス) 1勝
2014年(メルセデス) 11勝(ドライバーズタイトル獲得)
2015年(メルセデス) 10勝(ドライバーズタイトル獲得)
2016年(メルセデス) 10勝
2017年(メルセデス) 9勝(第19戦終了時点/ドライバーズタイトル獲得)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック