ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「11位は全員の努力の賜だ。次戦リベンジする」ポイント獲得に必要なものとは?

2017年10月08日(日)19:26 pm

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1日本GP決勝レースを次のように振り返った。

●【決勝レース結果】2017年F1第16戦日本GPのタイム、周回数、ピット回数

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-02

スタート 20番手
フィニッシュ 11位
ファステストラップ 1分35.111秒 45周目 (12番目)
ピットストップ1回:25周目 (4.03秒) [オプション/プライム]

「20番手からスタートしたけど、ユーズド・タイヤでスタートして、1回のピットストップだけで、良いリカバリーができて11位でフィニッシュした。それはチーム全員のとてつもない努力の賜だよ。金曜日夜に行ったエンジン交換のせいでペナルティを科せられたけど、1ポイント獲得できて当然だった。僕たちは一生懸命に戦ったよ。

レース終盤、フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)が立ちはだかるという状況はアンラッキーだった。彼はバーチャルセーフティカーが出された時、タイヤにすごく苦戦していたんだけど、バーチャル・セーフティカーが出されている間に少し休むことができたんだ。最後の2周は、レースリーダー(ハミルトン)たちが僕に追いついてしまったことで、フェリペはまた僕のアタックを逃れて、結局10位でポイントを持っていった。

僕たちはオースティン(F1アメリカGP)でもう一度挑戦するよ。願わくばペナルティなしでね。それに通常のグリッドから。そして少しの幸運もあれば・・・」。

●【TV】フジテレビ、BSフジでF1日本GPを無料放送!“最後”のマクラーレン・ホンダを観るチャンス

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック