ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【P1動画】タイトなコーナーでクラッシュ第1号/アゼルバイジャンGPフリー走行1回目

2017年06月23日(金)20:01 pm

F1第8戦アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目、さっそくクラッシュが発生した。場所は狭い市街地コースの中でも、最もタイトなコーナーのひとつだ。

●【タイム結果】F1アゼルバイジャンGPフリー走行1回目、タイム差、周回数

クラッシュ第1号は、4番手タイムを記録しているセルジオ・ペレス(フォース・インディア)。ペレスは昨年、初開催となったこのコースで3位表彰台を獲得しており、得意としているサーキットのひとつ。しかし、右フロントタイヤからウォールにヒットし、勢いでクルマが弾かれた。ダメージは右リアにも及んでおり、ギアボックスなどへの心配もある。

●【動画】タイトなコーナーでクラッシュ第1号(0:45)[F1.comへ]

●【タイム結果】F1アゼルバイジャンGPフリー走行1回目、タイム差、周回数
●【P1レポート】レッドブルが1-2 スーパーソフト温存のベッテルが3番手/F1アゼルバイジャンGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック