ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画:ル・マン24順位】ポルシェ2号車、格下LMP2のジャッキー・チェン38号車から首位を奪う

2017年06月18日(日)21:00 pm

『第85回ル・マン24時間レース』が日本時間6月17日(土)22時(現地15時)にスタートしてから23時間が経過、あと1時間となった。

先ほどまで総合トップを走行していたLMP2クラスの38号車ジャッキー・チェン・DCレーシング(ホー・ピン・タン、オリバー・ジャービス、トーマス・ローラン)を、LMP1-Hクラスのポルシェ2号車ティモ・ベルンハルトがようやく捕らえて総合首位に立った。

LMP1-Hクラスのトヨタとポルシェ全5台にトラブルが発生した今年のル・マン24時間レース、一時は格下のLMP2クラスが総合優勝かと思われたが、このまま問題が起こらなければ、ポルシェが19回目の総合優勝を飾る。

トヨタ8号車は、中嶋一貴からセバスチャン・ブエミへとバトンタッチし、ファステストラップを出しながら懸命に追い上げているが、トップとは10周差があり、総合優勝は難しい状況だ。

■【23時間経過/あと1時間】第85回ル・マン24時間レース
総合順位 チーム 車番 現在のドライバー 周回数/前車との差
1 ポルシェ2号車 ティモ・ベルンハルト 349周
2 [LM P2]38号車 ホー・ピン・タン 349周/+23.055秒
3 [LM P2]35号車 アンドレ・ネグラオ 346周/+3周
-----
9 トヨタ 8号車 セバスチャン・ブエミ 339周/+10周
-----
50 ポルシェ1号車 アンドレ・ロッテラー 318周/リタイア
54 トヨタ 9号車 ニコラス・ラピエール 160周/リタイア
55 トヨタ 7号車 小林可夢偉 154周/リタイア

■ポルシェ2号車、ジャッキー・チェン38号車をパス

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック