ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【SUPER GT開幕戦結果】LEXUS LC500がデビューレースでトップ6独占の圧勝

2017年04月09日(日)21:55 pm

4月8日(土)~9日(日)、SUPER GTの2017年シーズン開幕戦「OKAYAMA GT 300km RACE」が岡山国際サーキットで行われ、平川亮/ニック・キャシディ組のKeePer TOM'S LC500 37号車が新型となったLEXUS LC500のデビュー戦で勝利を挙げた。LEXUS LC500は2位から6位も占め、トップ6独占という圧倒的な速さで開幕戦を制した。

●【SUPER GT開幕戦】「完璧なシーズンスタート」トップ3コメント

■レクサスは新車両「LC500」で挑む

今季のSUPER GT GT500クラスは、昨年まで3年間にわたって使用されてきた車両に変わり、新たなレギュレーションに則った新型車両が投入される。LEXUS GAZOO Racingは、昨年、参戦最後の年に念願のタイトルを獲得したLEXUS RC Fに代わり、今年春発売の新型ラグジュアリークーペ「LC500」をベースとした新型車で参戦する。この新たなベースシャシーに、昨年まで3年間開発を重ねてきた2リッター直列4気筒ターボの「RI4AG」エンジンを搭載し、6台体制でタイトルの防衛に挑む。

■決勝レース、フォーメーションラップでポールのNSX-GTがストップ

9日(日)はこの週末では初めて好天に恵まれ、やや雲はあるものの太陽も顔を出す、春らしいコンディションの下、午後2時34分に岡山県警の白バイ先導によるパレードラップが開始された。

続いてフォーメーションラップに入ったが、ここでポールポジションにつけていたNSX-GT 8号車がスローダウン。いきなり赤旗が出され、セーフティカー先導でのスタートという、波乱の開幕となった。

ポールポジションの車両が脱落したことで、LEXUS勢は6号車、37号車、38号車、19号車とトップ4を占めてスタートを切ることになった。3周目から本格戦が開始されると、LEXUS LC500同士の激しい首位争いが繰り広げられた。2位につけるキャシディの駆る37号車が首位を行く大嶋の6号車に襲いかかり、ヘアピンへの進入で白煙を上げるほどのハードブレーキングでインを刺し、首位に浮上。

5周目にもGT300車両のクラッシュによりセーフティカーが導入。12周目にレースが再開されると、トップ4を占めるLEXUS LC500の後方で1台を挟んで6位、7位を走っていたロシターの36号車と、コバライネンの1号車もライバルをかわし、序盤からLEXUS LC500がトップ6独占体制に。

1周が短く、コース幅も狭い岡山で、GT300クラスの周回遅れ車両が出てくると、コース上の混雑をかいくぐりながらの、LEXUS同士のバトルが頻発。中でも36号車のロシターは16周目に19号車の関口をパスすると、タイヤの摩耗に苦しみ3位に後退していた6号車 大嶋もパスし、更に前を狙った。

中盤に入ると、各チームピットへ入って給油、タイヤ交換とドライバー交代。ここで4位に落ちていた6号車は、好ピットに助けられ2位へ浮上。先にピットインしていた37号車の平川は、ピットアウト時点では6号車、38号車、36号車の先行を許したが、アウトラップの3台を攻略し、再び首位に返り咲いた。

その後方では、36号車 中嶋一貴と6号車 カルダレッリの激しい2位争いとなり、2台はバックストレートからヘアピン進入でのブレーキング合戦を繰り広げたが、アウト側の中嶋一貴が停まりきれずコースオフ。6号車が単独2位、その後方で1号車の平手と38号車石浦が表彰台を賭けてのバトルを続けることとなった。

2位に浮上したカルダレッリは、何度も首位の平川に仕掛けるが、平川も巧みなライン取りで逆転を許さず。

レースは53周目にGT300車両がクラッシュしたために長いセーフティカーランとなり、残り20周で、マージン帳消しでのスプリント勝負となったが、37号車平川は終盤戦も6号車カルダレッリからの猛追を凌ぎ切り、トップでチェッカー。今季からの新規定にあわせて投入された新型車両 LEXUS LC500のデビュー戦を勝利で飾った。平川にとっては2015年の最終戦以来、キャシディにとってはSUPER GTで初となる勝利。

6号車が2位、最後まで僅差のバトルを繰り広げるも逃げ切った1号車が3位となり、LEXUS LC500はデビュー戦で表彰台を独占。4位に38号車、5位に36号車、6位に19号車が続き、LEXUS LC500はトップ6を占める圧勝で開幕戦を終えた。

■【SUPER GT開幕戦】決勝レース結果トップ10

No. 車名 ドライバー 所要時間/差 グリッド
1 37 KeePer TOM'S LC500 平川 亮/ニック・キャシディ 81 2:12'39.626 3
2 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋 和也/アンドレア・カルダレッリ 81 1.503 2
3 1 DENSO KOBELCO SARD LC500 ヘイキ・コバライネン/平手 晃平 81 2.761 9
4 38 ZENT CERUMO LC500 立川 祐路/石浦 宏明 81 2.939 4
5 36 au TOM'S LC500 中嶋 一貴/ジェームス・ロシター 81 7.607 8
6 19 WedsSport ADVAN LC500 関口 雄飛/国本 雄資 81 9.219 6
7 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田 次生/ロニー・クインタレッリ 81 20.096 14
8 12 カルソニック IMPUL GT-R 安田 裕信/ヤン・マーデンボロー 81 32.36 13
9 16 MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤 英紀/中嶋 大祐 81 40.195 7
10 24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R 佐々木 大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 81 51.691 11

●【SUPER GT開幕戦】「完璧なシーズンスタート」トップ3コメント
●【SUPER GT】ホンダ勢がフォーメーションラップで3台ストップの波乱 レクサスLC500優勝/第1戦OKAYAMA
●【SUPER GT・画像11枚】ホンダNSX-GTにトラブル多発「3年以上トラブルのないパーツに問題発生・・・想定外」
●【SUPER GT】MOTUL AUTECH GT-R、7位まで順位を上げてポイントフィニッシュ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック