バーニー、マクラーレンを批判

【公式】ルノー、チーム代表の離脱を発表

2017年01月11日(水)18:42 pm

ルノーF1チームは11日(水)、チーム代表を務めていたフレデリク・ヴァスールが同日付で退職したことを発表した。

GP2などで活躍するARTグランプリの創設者として知られるヴァスールは、フランスを代表する自動車会社であるルノーがF1ワークスチームを復活させるにあたり、当初はレーシングディレクターに任命されていた。そして、2016年7月からは正式にチーム代表という肩書を背負っていた。

ルノーでは具体的な離脱理由などは明らかにしていないが、今後もヴァスールとは友好な関係のもとに協力関係を維持していく可能性を示唆している。

現時点では、ルノーはすぐに後任のチーム代表を置かず、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールの責任者であるジェローム・ストロールと、同じくマネジメントディレクターを務めるシリル・アビテブールがチーム運営に携わっていくことになるようだ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック