ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ラファエレ・マルチェロがフェラーリとの関係に終止符

2016年01月20日(水)19:02 pm

フェラーリ育成ドライバーの中でも、F1デビューに最も近い位置にいると目されていたイタリア人ドライバーのラファエレ・マルチェロが突然フェラーリとの関係を絶ったことが明らかとなった。

マルチェロは、2015年シーズンにはGP2シリーズに参戦するかたわら、フェラーリエンジンを搭載するザウバーの控えドライバーも務めていた。だが、今回のフェラーリとの決別により、ザウバーからのF1デビューの夢も絶たれることになりそうだ。

スイス生まれのイタリア人である21歳のマルチェロは、マルシャでF1デビューを飾ったジュール・ビアンキが不幸にして亡くなった後、フェラーリ育成ドライバーの中で次にF1のドアを開くのは彼だろうと言われる存在となっていた。

だが、このほどイタリアの『Autosprint(オートスプリント)』が報じたところによれば、マルチェロが最近突然フェラーリと決別したことが明らかになったという。

今年もGP2への出走を続けることになるというマルチェロだが、フェラーリとの決別の理由を尋ねられると、チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネとの関係悪化がその原因だったと次のように答えた。

「彼(アリバベーネ)とはずっといい関係が持てなかったんだ」

「彼は僕がF1にふさわしいとは見ていなかった。だから終わりを迎えたというわけさ。すべての人をよろこばせることなどできないよ」とマルチェロは付け加えた。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック