ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ボッタス「レースペースはよくなった」

2013年10月28日(月)8:15 am

ブッダ・インターナショナル・サーキットで開催されたF1第16戦インドGP、決勝を終えたバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)は次のようにコメントした。

【結果】F1インドGP決勝、優勝者のタイム、2位以下はギャップ、周回数、ピット回数

■バルテリ・ボッタス(決勝16位)
「1周目はすごく滑りやすくて、ほかのクルマよりもかなり大きく滑ってしまった。それでいくつか順位を失ったんだ。でも、第1スティントでのペースはだんだんよくなったし、タイヤのグリップもだんだんよくなっていた」

「ただ、無線が故障してしまい、最初のピットストップが予定よりも遅れてしまったことで順位を失ってしまった。そして、第2スティントではほかの多くのクルマと接近戦を演じることになってしまい、そのためにちょっとタイムをロスしてしまった」

「僕たちのレースペースは最近の数レースに比べるとよくなっていたし、戦略的にもうまくいっていると感じていた。でも、ほかのクルマにじゃまをされずに走ることができなかったせいで、それをうまく生かせなくて、ポイント獲得への挑戦もできなかった」

【写真】F1インドGPの美女たち(全14枚)
【写真】F1インドGP日曜日(全30枚)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック