ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

レッドブル、ベッテルが今季6度目のポール/F1韓国GP土曜まとめ

2013年10月05日(土)17:37 pm

韓国インターナショナル・サーキットで行われたF1第14戦韓国GP、レッドブルのセバスチャン・ベッテルは今季通算6回目のポールポジションを獲得、マーク・ウェバーは予選3番手だった。なおウェバーは、前戦シンガポールGPで今季3度目の戒告処分を受けたため、韓国GPでの10グリッド降格が決まっている。

【結果】F1韓国GP 予選、Q1、Q2、Q3のタイム、周回数

■セバスチャン・ベッテル(フリー走行3回目トップ/予選ポールポジション)
「今日は接近戦だったね。Q3では最初のアタックでとてもいいラップを刻むことができたし、それ以上うまくやるのは難しかっただろうと思ったよ。2回目のアタックのときにはウォームアップ走行をしていたキミ(ライコネン/ロータス)にひっかかってしまい、そのときはもう間隔をあけるために後ろへ下がる時間はなかったんだ。でも、幸運なことに最初のラップで十分だった」

「メルセデスAMG勢は強かったし、中間区間でうまく走れていたようだった。今年の僕たちは第1区間がよくてちょっと驚いているんだ。あそこはほとんどがストレートだからね。フリー走行2回目ではまったく満足できていなかったけど、昨日よりはクルマを改善できたよ。コンディションに関しては、明日がドライでもウエットでも問題ないよ。台風の影響で雨になるかどうかはわからないけれど、どうなるか様子を見ることにしよう」

■マーク・ウェバー(フリー走行3回目2番手/予選3番手)
「予選に向けて、クルマからもう少しスピードを引き出す必要があった。そんなに大幅じゃなくてね。でも、それは予選と明日のレースとの間にどう妥協点を見つけるかということだった。僕はかなり満足だよ。あと2つ順位を上げることもできていたかもしれないけど、ペナルティーがあるから、13番手スタートが11番手スタートになっていただけのことだ」

「予選は、2台のメルセデスAMGとセブ(セバスチャン・ベッテル/チームメート)、そして僕自身との間でのかなりの接近戦になった。明日のレースは面白いものになりそうだよ。僕は後ろのほうからのスタートになるけど、頑張って上位に戻ってくるよ。昨日よりはいくつかの部分でクルマが改善できたと思っているからね」

【写真】F1韓国GP金曜日(全30枚)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック