ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

クビサ、F1復帰は当面なし

2012年12月11日(火)10:55 am

ロバート・クビサは、当分のあいだF1に戻る意志がないことを明らかにした。

ロメ・グロジャンとの再契約をためらっているかに見えるロータス。11月末の2012年F1最終戦ブラジルGPでは、クビサに目をつけているのではとのうわさも立っていた。

才能を高く評価されているクビサだが、2010年以来F1から遠ざかっている。2011年シーズン開幕の数週間前、イタリアでラリー中に事故を起こして重傷を負ったためだ。

今は27歳になったクビサは、『Autoweek(オートウィーク)』にこう語っている。「じきF1に戻れたらいいなと思っていたが、そうはならなかったよ」

まずはレース感覚を取り戻そうと、小規模なラリーに出場し、力を尽くしてよく戦い抜いている。

ところが、事故で切断寸前までいった右腕の自由が効かず、今もフォーミュラカーに乗れない状態だという。

「まだ右手を動かすのがたいへんなんだよ」と、クビサは明かし、次のように続けている。「状況を改善しようといくつか手術を受けたが、目覚しい進歩は得られていない」

「もしまた右手を動かせるようになれば、(F1)復帰のチャンスもあるだろう。しかし、それまでは様子見だね。すぐにF1カムバックは無理だ」

ただ、サーキットでのレースに復帰したいようで、近い将来「ツーリングカーもしくは耐久レース」に進むかもしれないという。

「分からないけど、もうすぐ決めるよ」

さらに別の選択肢は世界ラリー選手権(WRC)だが、もし実現しても「上位争いをする」気はないようだ。

「今いろんな人と話をしている。すべては年末までに決まるよ」

もしラリーを選んだら、F1復帰はおそらく2015年まではないだろうと考えられる。

「WRCで一年を過ごしたのち、秋になったら2014年の計画がありませんでしたなんてイヤだからね」と、クビサ。

「仮にラリーを選んだら、長い目で物ごとを考えたいな。やっぱり、ちゃんとラリーの戦い方を学びたい」

「かつてF1でやったみせたことも、今となっては不可能だ。したがって新しい方向性を見出さないといけない。次なる自分のキャリアに向けて足を踏み出さないとね。それが何かは、いずれ分かるよ」とクビサは締めくくった。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック