ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

セナ、2013年以降もスポンサー継続

2012年11月03日(土)14:51 pm

ウィリアムズに残るかどうか、相変わらずはっきりしないブルーノ・セナだが、スポンサーは来季も資金提供の用意があることを明らかにした。

2012年シーズンは、F1アブダビGPを含めて残り3戦。ところが、セナは今も来季のチーム体制が固まるのを待つ身だ。

セナはウェブサイトの『Totalrace(トータルレース)』にこう語った。「シーズン終了まで、(来季について)チームのお墨付きをもらえないのは、キツいものだよ。決定が遅れれば遅れるほど、ほかの可能性がどんどん失われていく」

もしウィリアムズが引続きセナを確保するなら、スポンサーもセナへの支援を続けるという。

「どのチームにも独特の優先事項がある。ブラジルから僕を支援してくれるスポンサーの皆さんは、あらゆる面から今年の成績を喜んでくれている。そして、このプロジェクトが1年限りでないこともね」とセナは語った。

2013年はフォース・インディアも候補のひとつといったうわさにも、セナは動じていない。

「まったくもって作り話だよ。シートに空きがあるチームは、ごく限られてきている。点と点を結びつける簡単な話さ」

「僕はウィリアムズ残留に集中しているんだ」とセナは明かした。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック