ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペトロフ「とてもいいレースだった」

2012年10月29日(月)3:39 am

ケーターハムのビタリー・ペトロフは、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われたインドGP決勝を19番手からスタートし、17位になった。

F1第17戦インドGP日曜 写真ギャラリー

ビタリー・ペトロフ
「とてもいいスタートで、すぐにヘイキ(コバライネン/チームメート)に追い付いた。その後は1回目のピットストップまで、ヘイキや前を行くほかのクルマから引き離されないようについて行ったよ。ペースもタイヤの摩耗具合も非常によかったから、タイヤ交換を行うピットストップのタイミングを引っ張った。当初はピットストップを2回行う予定だったけど、1回だけ行う作戦へ変更したんだ」

「タイヤ交換後はヘイキの後ろでコース上に戻った。ヘイキのKERS(運動エネルギー回生システム)に問題が発生したので追い抜き、15番手までいったんは順位を上げたけど、残り数周となったところで僕よりも速いクルマ数台に抜かれ、最終的には17位でゴールした。それでもいいレースだったよ。レースを通じてクルマの感触は素晴らしかったし、チーム全員が一生懸命に仕事をした。来週のアブダビGP(11月4日決勝)には新パーツをいくつか持ち込む予定だから、どうなるか楽しみだね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック