ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

井原慶子、ル・マン24時間のナンバー1ドライバーに

2012年06月11日(月)15:27 pm

世界3大レースに数えられるル・マン24時間が10日(日)に開幕。車検が行われ、唯一の女性ドライバー井原慶子も姿を見せた。

メトロの工事が行われていた関係で、恒例のジャコバン広場ではなく、急きょパブリック広場で行われた今年の車検。ガルフ・レーシングから参戦する井原は、間違えてチームメートのステファン・ヨハンソンのレーシングスーツを車検に持っていくハプニングがあったが、無事車検を合格した。

車検後は、リパブリック広場で行われる恒例のドライバーズトークショーに井原も出演。また、ル・マン24時間が組み込まれたWEC(世界耐久選手権)の前戦で練習中に骨折したフレデリック・ファティエンが欠場することから、マルク・ロスタンがチームに加入。これにより井原が駆る29号車は、今大会のナンバー1ドライバーとして井原が登録され、元F1ドライバーのジャン・デニスとマルク・ロスタンの3人でル・マン24時間を戦うことになった。

いよいよル・マン24時間を迎えた井原は、次のようなコメントを残した。

「小雨にもかかわらずリパブリック広場に集まった大観衆を前に車検に合格すると、ついに最高峰ル・マン24時間レースに出場するんだなぁ…と感慨深いものがありました。先週行われた公開テストでは、GTチャンピオンがチーム加入テストを受け不合格だったので、誰がチームメートになるのか少し不安もありましたが、今年でル・マンに11回目の出場となるLMP2マスターのマルク・ロスタンに決まり、レースを走るのが今から本当に楽しみです。力を合わせてチェッカーフラッグを受けたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします!」

今年のル・マン24時間は、13日(水)にフリー走行と予選1回目、14日(木)に予選2回目と3回目が行われる。決勝は16日(土)現地時間14時(日本時間21時)にスタートする。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック