ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】トスト代表「得意なサーキットでなぜ。どう改善すべきか分析する必要がある」

2018年09月17日(月)3:26 am

トロロッソ代表のフランツ・トストが、F1シンガポールGP決勝レースを次のように振り返った。

●【画像:決勝レース結果】2018年F1第15戦シンガポールGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■フランツ・トスト(トロロッソ代表)

「過去数年、シンガポールGPはチームが成績を上げているサーキットだったので、この週末のレースに期待をしていました。しかしトップ10入りを果たせるほどのペースがつかめなかったので、どうして期待していたパフォーマンスが引き出せなかったのか、そして今後のレースのためにどう改善していくのか分析する必要があります。

ピエールはスタートが上手く決まり、ピットストップを行うまではブロックをしながらポジションをいくつか上げることができました。

ブレンドンも3コーナーでのアクシデントを避け、ポジションアップにも成功しました。

レース序盤はピエールがトップ10入りできるかもしれないと思っていましたが、レースが進むにつれペースがあまりよくなく、ポイント獲得にまで至らずこのレースを終えることとなり、残念です」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック