ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】明暗分かれる。アロンソ好調、バンドーンには問題続く

2017年10月28日(土)17:00 pm

マクラーレン・ホンダはF1メキシコGPの初日を次のように振り返った。

●【P2タイム結果】2017年F1第18戦メキシコGPフリー走行2回目

■FP1:明暗分かれる

午前中に行われたFP1は、2人のドライバーにとって明暗が分かれるセッションとなった。ストフェル・バンドーンは、パワーユニット(PU)に問題が発生したため、インスタレーションラップを3周走行したあとはガレージで待機しなければならなかった。チームはPUから送信されるデータに異常を検知したものの、ガレージでの初期調査では診断できず、詳しい調査のためにPUを交換することにした。

それとは対照的に、フェルナンド・アロンソのセッションはスムーズに進行し、前向きな内容となった。実りの多いテストプログラムを実行し、チームにとって有益なデータを多数収集するとともに、空力コリレーション用のテストも実施した。アロンソは20周を走行し、8番手でセッションを終了した。

■FP2:ロングランとスリップストリーム

メカニックがFP2に間に合うようにPUを交換したおかげで、バンドーンはセッション開始時にピットレーンが開放された直後にコースに復帰することができた。午後は、両ドライバーにとってトラブルのないセッションとなった。

午前中はほとんど走行できなかったバンドーンがマシンのハンドリングに徐々に慣れる一方、アロンソはさまざまなセットアップ変更および空力コンポーネントの確認を実施した。セッション後半には、両ドライバーともロングランとスリップストリームの練習に焦点を当てた。アロンソは26周を走行して7番手、バンドーンは32周を走行して15番手に入った。

●【ホンダF1】「PUの問題は大きくなく影響なし。まずまずのスピードを出せた」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「メルセデスと0.2秒差!驚くほど競争力があった」
●【マクラーレン・ホンダ】「PUの不具合以外の仕事は満足している」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「PUの不具合で走行できず。走行距離がカギ」
●【動画】アロンソ7番手!タイヤ破裂、消火器破裂・・・コースレコード更新/F1メキシコGP FP2ハイライト映像

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック