ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【合同テスト1】ホンダPU交換 初日はメルセデスとフェラーリが0.113秒差/バルセロナテスト1日目

2017年02月28日(火)5:36 am

2017年F1プレシーズンテスト(バルセロナ・サーキット)初日の走行が終了し、総合トップタイムで終えたのはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)だった。しかし、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が0.113秒差で初日を終えている。

● 【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「やる気に満ちている」ホンダのオイル漏れは「残念」

■ハミルトン、堂々トップタイム

午後から登場したハミルトンは、順調に周回を重ねペースアップ。73周を走破し1:21.765というタイムで初日を終えた。

■フェラーリ、順調に距離を稼ぎタイムも上々

午前中をトップタイムで終えたベッテルは、1日を通して128周を走行。午後には約1秒タイムを伸ばして1:21.878で初日を終えている。

■マクラーレン・ホンダ、やや不安

午前中にオイル漏れのトラブルで走行を中断していたマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、午後には無事走行を開始し1日を通して29周走行。トップグループと比べるとやや物足りない走行距離だ。

■レッドブル、トラブル克服

また、レッドブルは午前中、センサーの故障によりコース上でストップ。わずか4周で走行を中断していたが、この日は1日を通して50周を走行、5番手タイムで初日を終えている。

P ドライバー チーム タイム GAP PIT
1 ハミルトン メルセデス 1:21.765 73 5
2 ベッテル フェラーリ 1:21.878 0.113 128 18
3 マッサ ウィリアムズ 1:22.076 0.311 103 16
4 マグヌッセン ハース 1:22.894 1.129 51 12
5 リカルド レッドブル 1:22.926 1.161 50 8
6 ボッタス メルセデス 1:23.169 1.404 79 8
7 ペレス Fインディア 1:23.709 1.944 39 7
8 サインツ トロロッソ 1:24.494 2.729 51 9
9 ヒュルケンベルグ ルノー 1:24.784 3.019 57 11
10 アロンソ マクラーレン 1:24.852 3.087 29 9
11 エリクソン ザウバー 1:26.841 5.076 72 19

●マクラーレン・ホンダも「疑惑のサスペンションシステム」を導入
●【合同テスト1】ホンダ修理完了し復帰 初日はメルセデスとフェラーリが0.113秒差/バルセロナテスト1日目
●【合同テスト1】マクラーレン・ホンダにトラブル発生・・・ホンダに試練/バルセロナテスト1日目
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ、“テスト限定”スペシャルヘルメットで走行
●【マクラーレン・ホンダ】戦うための予算は十分にある

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック