ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【インディ500】佐藤琢磨、連覇ならず「吸い寄せられてしまい避けきれなかった。申し訳ない」

2018年05月28日(月)18:11 pm

第102回インディ500を前年のチャンピオン佐藤琢磨が次のように振り返った。

■第102回インディ500、連覇ならず

佐藤琢磨(32位)

「ジェイムズ・デイビソンはスピードが上げられずに苦しんでおり、全速力で走っている私との速度差が大きかったため、彼のマシンを避けることができませんでした。彼の存在に気づいてアクセルを戻し、ブレーキまで踏んだのですが、間に合いませんでした。

あのようなエアポケットに入ってしまっては空気抵抗がなく、一気に吸い寄せられてしまうのです。どちらにとっても不運なアクシデントでした。私としてはチームとファン、そしてサポーターに対して申し訳なく感じています。

あの時は16番手を走っていたのですが、ロバート・ウィッケンズ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)とともに集団の先頭へと追いついて行っていたんです。彼がデイビソンに追いつき、横に並んだのが見えました。

おそらくあの時、デイビソンはマシンをコントロールしきれない状況になっており、アクセルを戻したけれどレーシングラインから外れてしまったんです。彼は大きく減速し、こちらは全力で走っていたため、そのスピード差は非常に大きく、避けきれなかったんです。本当に残念です。

次のデトロイトは昨年レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングがダブルヘッダーの2戦両方で勝ったサーキットですから、今年もいい走りができることと期待をしています。今回のレースから気持ちを早く切り替えて、デトロイト、そしてシーズンの中盤戦以降に臨みたいと思います」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック