ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「さくらでの出力コントロール対策が奏功し、余裕で目標クリア。競争力はある」

2017年10月29日(日)17:30 pm

F1メキシコGPの予選を終え、ホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は次のように振り返った。

●【予選タイム結果】F1メキシコGP予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

■長谷川祐介(ホンダF1プロジェクト総責任者)

「今日の予選は、PU交換のペナルティーにより、日曜日のレースで後方からのスタートがすでに2台とも決まっていることもあり、一日を通してロングランに重点を置いてセットアップを進めてきました。

明日のレースで新しいタイヤを履いてスタートすることも考慮し、Q2進出までがチームとしての目標でしたが、2台ともに余裕を持ってそのターゲットに到達できたことはよかったです。

PUの面では、トラブルなく一日を終えることができました。高地の影響によるエンジン出力の低下により、事前から苦しい戦いを想定していましたが、その影響を最小限にすべくHRDさくらで出力コントロールについて、さまざまな方法を検討し、有効な対策を打てたことが奏功したと考えており、この2日間で得ている感触も悪くありません。

明日は2台ともに最後方からのスタートにはなってしまいますが、競争力はありますし、ポイント獲得に向けて最後まで諦めない走りをみせられればと考えています」。

【関連記事】
●【レッドブル】ホンダ?“何か”が進行中?・・・フェルスタッペン、未来のエンジンは「心配無用」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「トップと0.2秒差、クルマは最高に気持ちよかったし楽しかった!」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「力強さが増して競争力がある。アグレッシブにいくよ」
●【マクラーレン・ホンダ】「今週末の中で最高の仕上がり。第2セクターは最速タイム」
●【ハイライト映像】アロンソ、予選“9番手以上”の好タイム/F1メキシコGP
●【予選レポート】ベッテルが意地のポール マクラーレン・ホンダ勢はQ3進出を回避/F1メキシコGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック